インモールド転写

INMOLD

インモールド転写システムについて

インモ-ルド転写システムとは、射出成形の金型内に印刷されたフィルム(転写箔)を通し、射出と同時に図柄のみプラスチック表面に転写を行なう技術です。成形金型、転写箔と精密箔送り装置で構成されています。

NISインモールド転写システムのメリット・特徴

Point 1

射出成形と同時に表面加飾が実施

射出成形と同時に成形品表面への多色刷りの加飾が可能なため、大幅な工程短縮が実現できます。又、成形サイクルも通常成形のスピードと変わりません。

箔送り・位置決め

型締め

射出

型開き・製品取出し

Point 2

幅広いデザインに対応可能

金属蒸着やパール、メタリックインキ等を使用することで、メッキや塗装の代替工法としての質感・表現が出来、多種、多様なデザインに対応可能です。

Point 3

立体面(3D形状)への加飾が可能

複雑な立体形状、溝、突起等の凹凸面、シボ形状面等にも対応できます。

point3_01
point3_02

Point 4

2次加工が不要

インモールド転写後にオーバーコート、加熱処理が不要なため、再加熱による反りや歪みが発生しません。

Point 5

加飾表面の機能性向上を付加

インモールド成形は加飾以外にもハードコート等の機能性を付加させることが出来るため、表面硬度、磨耗性等の諸物性に優れています。

Point 6

環境にやさしい

塗装、メッキ、印刷とは異なり、溶剤を一切使用しないため、環境に対応したドライ工法です。

Point 7

最小限の設備投資

お客様の既存の射出成形機にインモールドシステムを取り付けることが出来るため、最低限の設備投資にてシステム導入していただけます。

FSR INMOLD SOLUTION

インモールドに更なる挑戦! 超・深絞り形状/超・難易度加飾!

FSR工法とは

  • 不可能だった3次元形状への加飾が可能になりました。
  • 高精度な加飾位置合わせが可能。
  • 多彩な加飾表現が可能!

3Dデータ(モデリング)

FSR加飾後 1

FSR加飾後 2